FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
◆私は、死にたい◆
教室の片隅で頬杖をついて、窓から見える校庭を見ていた。
西日が薄く教室を照らして、舞い上がった埃がきらきらと反射して見えた。
もうとっくに授業は終わり、人も捌けた教室の中で、私は独り静かに手首を切っていた。
こうすると、心の中が落ち着いて、溜まった澱が流されて行く。
異常な行為であると、周囲からは位置づけられた自傷行為は、私にとってごく当たり前の、自然な事で、それに伴う痛みや残る傷跡など何とも思わなかったし気にもしなかった。

それでも周囲は私を頭のおかしな子だと思っている。
私は、自分で自分を傷つける事に何の疑問も持たなかった。
何かのせいにしたり、何か理由を付けてしまえば、自分が頭のおかしな子だと自分で認めてしまう事になる。
理由は、何も無い。厭な事があったり、不安を感じた時に、切れば落ち着く。煙草の火を押し当てれば楽になれる。
例えば、ごく単純な理由を挙げれば、好きな人からのメールがなかなか帰って来ない時。
漠然とした不安でも、私の中で自分を傷つけたいと云う衝動が起こり、抑えきれなくなる。

それは、現在でもそうだ。
十代の頃に感じていた不安やプレッシャー等とは比べ物にならない位、大きな塊に押し潰されそうになり、呼吸をするのも苦しくなって、私は時々ほんの少しだけナイフで皮膚を裂く。
そんな自分を、狂っているとは思わない。
ただ、「何かをしたい」と思って生きてきた長い時間が、年齢を重ねた私を苦しめる。
今更、変わる事なんて出来ない。だけど変わらなければ、この先、人の中で生きて行くことが難しい。
変化する事を恐れはしないけれど、人との関わりに通じるように変化する、その手段が私には解らない。
こんな年齢になってまで、いつまで中学生気分なのだろう。

別に、このまま十代の気持ちで生きて行っても支障は無いように思える。
楽しい事を、自分が選んだ人と好きなように、良い意味で自分本位に生きて行くのが最善とも云える。
何故なら、それが自分の歩んできた道を無理に捻じ曲げる事無く済む、唯一の手段だからだ。
ただ、流されて生きて行くだけ。それでも私は生きていける。寧ろ、その方がずっとずっと楽だ。
けれど周囲がそれを赦さなくなってきた。年齢相応に、社会に適応する事を強いるようになってきた。
私の居場所はだんだん狭くなって行って、このままでは窒息してしまう。
私は、自分を変えなければならない。厭々ながら、そして砂を噛む思いで。

いっそ、死を選びたい。
クライシスコールでも脅しでもなく、私は死にたい。
だけどそれさえ、社会は許してくれない。
私が死んだら悲しむ人が少しくらいは居るだろうし、死体を片づけるのも大変だろう。
今はただ、生きている事が面倒臭い。

教室の片隅で、校庭を眺めていた頃の自分は、社会に甘やかされた存在だった。
だから、死にたいだなんて気持ちは起こらなかった。
今、薄暗い部屋で独りこうして気持ちを吐露している私は、はっきり言ってもう疲れた。人生を止めたい。
そうして私はまた自分を切る。死ぬ事を赦されない自分は、袋小路で立ち往生しながら、凍死するのを待っている。

スポンサーサイト
[2010/02/12 01:24] | 随筆―smoking room | コメント(0) |
<<●ちゃんと生きます(笑)● | ホーム | ◆明証的懐疑主義◆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

*My Blue Heaven*


私の記憶の中から、思い出せる限りの事を『小説・文学』カテゴリに。   私の現在を、『ブログ』カテゴリに。

プロフィール

遊

Author:遊
Name:百瀬 遊(Yu Momose)
Birthday:01/28
Blood type: B
Sex:F

●がタイトルにつく場合ブログ、
*がタイトルにつく場合が小説です。

◆初期小説は、書き下ろしのノンフィクションを載せています。
※カテゴリ別に読んで頂ければ、多少なりわかりやすく表示されると思います。
※表記の多い、自傷、ドラッグ、売春はすでに卒業しています。
ドラッグと売春は犯罪ですので、(今更ですが)やっちゃダメな事です。
自傷は犯罪じゃないみたいですが、周りの人が痛いのであまりお勧めできません。
◆09年8月以降、フィクションを増やしていく予定です。
ノンフィクションの場合は題名に表記します。

※著作権・肖像権の侵害、あるいは転載などは禁止とさせていただきますので、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。