スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
*変化*
糸がほつれるように、細長い薄雲が千切れていくのを屋上からそっと見送った。
雲の切れ間には、茜色の空が広がっていて、それは見慣れた筈の茜色なのに、なぜか新しい景色を見ているような気持ちになる。
同じ繰り返しのような毎日でも、何一つ同じものなどありはしない。
昨日のあたし。一分前のあたし。同じようで、違っている。きっと『あたしはあたし』と想いながらも、変わり果てていくのが自然なのだろう。

緩やかに曲がりくねった坂道を下りながら、この景色ももうじき見納めだ、と想う。
部屋の中には引っ越し用のパッキンが山積みにされていて、明日の朝、業者が部屋から運び出す。
あたしは煙草に火を点けて、茜色に照らされた路地の、すっかり実も葉も落ちた柘榴を横目で見やりながら歩く。
引っ越しの準備が済んだ後、時間を持て余し、腹が空いても食器も鍋も梱包してしまった。
外に出て、この街に移り住んでから三年間、一度も入った事の無かったパスタ屋に入り、カルボナーラを注文した。
とても美味しくて吃驚した、と言いたい所だったけれど、少し油がきつすぎて、全部を食べきる事が出来なかった。
少し胃もたれのする体で、あたしは家路に着いた。おそらく、最後の帰り道。

もう二度と、ここには戻ってくる事はないだろうし、引っ越す先は随分と遠いので、友人も無く、是と言って贔屓にしている店も無いこの街にわざわざ立ち寄るようなこともしないだろう。
足元には長い影が伸びている。アスファルトの端に、死んだスズメバチが蟻に集られているのを見つける。
三年前も、こうして同じ道を通った。引っ越してきたばかりの頃は、しょっちゅう曲がる道を間違えて、遠回りをする羽目になった。
結局、今通っている道が、駅からの最短距離の帰り道。

三年前のあたしは、今のあたしとどう違うだろうか。
髪形が変わった、年齢が変わった、初めての一人暮らしに慣れた。それから、少しだけ痛い恋をした。
とんでもなく馬鹿な失敗を何度もした。酔っぱらって帰る途中、二回も途中で靴を脱いで裸足で帰った。つまり、ピンヒールを二足無くした。
街は、この三年で大きく変わった。駅前の広場が開け、多くの店舗が軒を連ねた。図書館が出来て、向かいのビルは潰れて更地になった。

三年前の写真を眺め、それから鏡に映る自分の顔を眺めてみるのだが、然程変わった所はない。
偏屈な所も、後ろ向きな所も、頑固で意固地な所も、何も変わっていない。
すぐに、逃げ出す所も。

あたしは今回、逃げ出したくて引っ越しを選んだ。
仕事も恋ももう何もかも厭になって、誰も自分を知らない場所へ、自分が何も知らない土地へ行って、新しく一からすべてを始めたかった。
生まれたての赤ちゃんと同じ。ひとつひとつ、憶えて、学んで、生きていく。
だけど今のあたしは、それを「逃げ出す事」と同意義に見ている。早く、一刻も早く、窒息してしまう前に、大好きだったこの街を離れたい。
この街はそう悪くない。寧ろ、あたしはこの街を気に入っている。
気に食わないのは、嫌いなのは、あたしの中に在るドロドロとした抑鬱感や、嫉妬や倦怠、その他色々、全てあたしのせいだ。

夕日も落ちて、空はまだ僅かに光の明るさを残して、夜を迎えるこの街を包み込む。
あたしは、マンションの部屋の鍵を開けながら、何もかもが見納めで仕納めだと思った。
そして、何も変わっていないと思い込んでいる自分が、その実一番変わり果てているのではないかと、ほんの少しだけ思った。
スポンサーサイト
[2009/12/10 04:44] | 小説―light | コメント(0) |
<<◆雨◆ | ホーム | ●書きたい●>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

*My Blue Heaven*


私の記憶の中から、思い出せる限りの事を『小説・文学』カテゴリに。   私の現在を、『ブログ』カテゴリに。

プロフィール

遊

Author:遊
Name:百瀬 遊(Yu Momose)
Birthday:01/28
Blood type: B
Sex:F

●がタイトルにつく場合ブログ、
*がタイトルにつく場合が小説です。

◆初期小説は、書き下ろしのノンフィクションを載せています。
※カテゴリ別に読んで頂ければ、多少なりわかりやすく表示されると思います。
※表記の多い、自傷、ドラッグ、売春はすでに卒業しています。
ドラッグと売春は犯罪ですので、(今更ですが)やっちゃダメな事です。
自傷は犯罪じゃないみたいですが、周りの人が痛いのであまりお勧めできません。
◆09年8月以降、フィクションを増やしていく予定です。
ノンフィクションの場合は題名に表記します。

※著作権・肖像権の侵害、あるいは転載などは禁止とさせていただきますので、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。