FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
●後遺症…●
インフルエンザ?かもしれなかった。
でも病院に行かなかった(行けなかった)ので、真偽のほどは不明。
ここ一週間ばかり、高熱と悪夢にうなされ、全身痛いやらあせもがかゆいやらで地獄のような日々だった。

苦しい、ってこういう事なんだろうか。
違うな。
苦しいのは、インフルエンザだろうが季節性感冒症だろうが同じ、気を病むこと。
体の調子が少しくらい悪くたって、痛いの痒いのは我慢できる。でも、気持ちが塞ぐのはどうしようもない。
病は、気から。同じく、気は、病から。

熱を出しているときは、今日が何日で、何曜日で、今が何時で、外には太陽が出ているのか、暑いのか寒いのか、自分がどこにいるのか、すっかりわからなくなってしまった。
夢の中では、いつも同じ、ごく自然に家族みんなで暮らしてた。昔の家で。あたしは十代で。
だから、目が覚めた時、集合住宅の一室に自分が何故いるのかわからなくなる。
玄関のドアをあけてふらふらと飛び出す。そこには居間へと続く階段などなく、冷たい鉄柵で仕切られた、狭い通路と曇った夜空があって、そこでわたしはようやく自分の現在に辿り着くのだ。

体の症状が治まった今も、その余韻は続いている。
ふと目覚めたら、昨日とは違う洗濯物が干されている。それは夫がしてくれた事なのだろうけれど、自分が夢うつつにしたのかもしれない、と恐ろしくなる。
たとえば、熱が出ているとき、夢の中で、あまりにもお腹がすいて、缶詰を食べた。
目が覚めたら、ちゃんと缶詰の空き缶がテーブルの上に転がっていた。
怖い。

始終、誰かか何かに追われている夢を観ていた。
今も、その感覚から抜け出せない。
玄関のブザーが鳴ると、ああわたしはまた警察に捕まるんだな、と心底怯えて布団に潜り込み、耳を塞ぐ。
携帯電話の着信音さえ怖い。廊下を歩く人の足音にも、他の住民が個々の部屋へ入るときに扉を閉める音にもびくびくしてしまう。

一生このまんまだったらどうしよう。
それって苦しいなぁ…。
と、いうか、一生続くんだったら、今ここであたしはあたしを止めたい。
重症だ。

熱で朦朧としていた時、不覚にも親に電話をかけてしまった。
お母さんは、あたしに何もしてやれなかった、って会う度いつも言うから、そういう心配かけるような事はしたくなかったのになぁ。
さっさと親元から独り立ちして、結婚して、こっちはこっちで上手くやってますよーそっちも頑張ってねー的な、ドライな関係を心がけていたのだが…。。。
電話して、『ちょっと熱があって、旦那仕事だし、心細いんで電話してみた。まぁ大したことないんだけど』って言ったら、えらく心配されて。
『水飲んでる?食欲は?ああどうしよう???』といった風に。
『●●さん(←母の友人・東京在住)に来てもらおうかしら?』などと挙動不審な事を言い始めるので、あと何時間かすれば夫が帰ってくるからと丁重にお断りした。
電話、するんじゃなかった。

・・・・・・2日後に、大量の林檎と桃の缶詰が届いた。
お母さんの中で、あたしは今も幼い子どものまんまなんだろーか…。

ふむ、こういう事を書いている時点で、幼いな。子どもだな。
だけど誰かこの苦しみから逃れる術を知っていたら、どうか教えてくださいませ。
とにかく、全てが怖くて仕方ない。自分自身が信じられない。
ぶっ壊れる前に、精神科へ行こう…。
スポンサーサイト
[2009/12/01 01:32] | ブログ | コメント(0) |
<<●楽しい明日の妄想● | ホーム | *空を仰ぎ、大地を抱く*>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

*My Blue Heaven*


私の記憶の中から、思い出せる限りの事を『小説・文学』カテゴリに。   私の現在を、『ブログ』カテゴリに。

プロフィール

遊

Author:遊
Name:百瀬 遊(Yu Momose)
Birthday:01/28
Blood type: B
Sex:F

●がタイトルにつく場合ブログ、
*がタイトルにつく場合が小説です。

◆初期小説は、書き下ろしのノンフィクションを載せています。
※カテゴリ別に読んで頂ければ、多少なりわかりやすく表示されると思います。
※表記の多い、自傷、ドラッグ、売春はすでに卒業しています。
ドラッグと売春は犯罪ですので、(今更ですが)やっちゃダメな事です。
自傷は犯罪じゃないみたいですが、周りの人が痛いのであまりお勧めできません。
◆09年8月以降、フィクションを増やしていく予定です。
ノンフィクションの場合は題名に表記します。

※著作権・肖像権の侵害、あるいは転載などは禁止とさせていただきますので、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。