スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
◆退屈論◆
朝に目覚めて、何もすることがない事に気付いた。
いつも昼に目覚めても時間を持て余すというのに、こんなに早く目覚めて、いったい何をすればいいと言うのだろうか。
しかも、外は雨で、部屋の中は肌寒い。
体を温めるのに、シャワーで済ませるのも面倒な季節になってきた。

たばこを吸いながら、何をしてこの時間を凌ごうかと考える。
もう一度ふとんに潜り込んで眠りにつくには、神経は冴えすぎていて、それもあきらめざるを得ない。
ああ、どうしよう、どうしよう。一大事だ。
…と、慌てふためく状況でもないのに、あたしは何かにせかされているような気がして落ち着かない。
気のせいだ、きっと気のせいだ。落ち着いて良く考えれば、する事が何もないなんて十分に満たされている証じゃないか。
目覚めてから眠るまでを、ただひたすら己の命を繋ぐために休む間もなく動き続ける人々に比べれば、随分と幸せな暮らしをしているではないか。

テレビを点けてぼんやり眺めながら考える。
時間の無駄だ、とわかっていながらも、あたしには他にする事がない。
溜まった洗濯物も、雨だから洗えない。
ベランダの鉢物の整理も、出来そうにない。
掃除をしようにも、ネコがまだ眠っているので掃除機の音で脅かすのは可哀そうだ。
シンクにごみは溜まっていないし、さっき軽く食事を摂ってしまったのでヨガをするにももう少し時間を置かなければ。

退屈である。どうしようもなく、退屈だ。
そういえば、今朝はとても冷えた。身震いをして、目が覚めた。
秋が終わりそうになってもタオルケットと肌掛けで眠れるなら、きっと路上生活したって大丈夫だね、と彼は笑った。
路上生活で凍死の心配は要らないよ。あたしたちはまだ若いし、ここはニューヨークやモスクワじゃない。
路上生活で一番恐ろしいのは、眠っている間に誰かに数少ない持物を奪われる事だ。
そう、退屈であるという事。それはやはり、あたしが平和な環境で満たされている証なのだろう。

それにしても退屈で仕方ない。
それを不満と感じることは、あたしが如何に半生を駆け抜けて、欲深くずる賢く立ち回ってきたかを象徴するようで少し情けなくもある。
ただ時間が流れていく事を、つらいと感じるのはきっと、あたしがまだ何かを求めて、求めてやまないという確かな事実を裏付けているのだろう。
お財布の中に、まだお金は少しある。求めているのは物質的なものではない。精神的なもの。
そういうものを求めてやまないという事は、やはりあたしが幸せで満たされているという事なのだろう。客観的な立場で考えれば。
でも本人がそれを苦痛で不幸だと考えるのは、傲慢だろうか、罪だろうか。
退屈な事がつらいんじゃない、退屈である現状がつらいと感じている自分の心の狭さと強欲さが不幸だと思っている事は果たして…。

こんな事で思い悩む自分はどこか壊れているのだと思う。
そうでなければひどくひねくれていて、何をしていてもどんな名誉に与っても、他人の芝生が青く見え、他人の仕事が妬ましく思えるのだろう。

これ以上考えていても仕方がないから、朝から睡眠薬を飲んでまた眠る事にした。
あたしの中の退屈は眠りの中で夢というアトラクションになって、少しの間だけあたしを慰める。
目覚めれば、また針の筵のような退屈と、自分で選んだのに一日を無駄にしたことへの後悔が待っている。

極楽、極楽。
退屈な日に、こうも嘆けるあたしは、とっても幸せ。
眠る場所にも衣類にも、食べるものにも薬にも困っていない。
痛い事も寒い事も、奪われる事も殺されることも無く、平穏な日々を過ごせる有難さ。
なんて満ち足りた生活。

どこが。なにが。
あたしはこんな生活が欲しかったんじゃない。
スポンサーサイト
[2009/11/17 10:29] | 随筆―smoking room | コメント(0) |
<<*アンプラグド* | ホーム | *story ;side-B *>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

*My Blue Heaven*


私の記憶の中から、思い出せる限りの事を『小説・文学』カテゴリに。   私の現在を、『ブログ』カテゴリに。

プロフィール

遊

Author:遊
Name:百瀬 遊(Yu Momose)
Birthday:01/28
Blood type: B
Sex:F

●がタイトルにつく場合ブログ、
*がタイトルにつく場合が小説です。

◆初期小説は、書き下ろしのノンフィクションを載せています。
※カテゴリ別に読んで頂ければ、多少なりわかりやすく表示されると思います。
※表記の多い、自傷、ドラッグ、売春はすでに卒業しています。
ドラッグと売春は犯罪ですので、(今更ですが)やっちゃダメな事です。
自傷は犯罪じゃないみたいですが、周りの人が痛いのであまりお勧めできません。
◆09年8月以降、フィクションを増やしていく予定です。
ノンフィクションの場合は題名に表記します。

※著作権・肖像権の侵害、あるいは転載などは禁止とさせていただきますので、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。