スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
*FLY ME TO THE MOON 6*
※前篇は、画面右手のカテゴリ「*FLY ME TO THE MOON*」からご覧いただけます。
――――――――――――――――――――――――――――――

 「帰りたくないな…」
 車の中で、そんな言葉が勝手に口から飛び出した。
 「俺も。帰りたくない。でも帰らなきゃな。家に着く頃には、一日の終わりだよ。」
 対向車線から車のライトに照らされて、化粧を直した自分の顔がサイドミラーに映る。
 化粧をしただけで、今日二人で過ごした思い出を封じたような気持ちになる。

 すかすかの高速道路から一般道に抜けると、そこから先は相変わらず車だらけの都会だ。
 こんな場所で、明日からもまた、同じ日々の繰り返し。
 そう考えると、する事が何も無いわたしはうんざりしてしまう。
 旅の終わりは、いつもそうだ。高速道路を下りれば、薄汚れた看板や車のクラクションや、汚くよどんだ空気に包まれて、ああ、わたしは帰ってきてしまったんだな、とやるせない気持ちになる。
 今回は、特にそんな想いが強かった。車の中で、二人きりでいられる時間もあとわずか。
 帰りたくないな。

 ちょうど零時になる頃、車はわたしの住むマンションの外に停まった。
 「今日は楽しかった。送ってくれてありがとう。」
 「俺も。こんなに羽を伸ばしたのは久々だったな。」
 彼はシートベルトをいったん外し、大きく伸びをした。
 「運転、大変だったでしょ。ご苦労さま。ありがとう。」
 わたしはシートベルトを外し、後部座席に置いてある自分の荷物に手を伸ばした。
 その刹那、彼はわたしにキスした。
 突然、何も言わずに、小鳥がするような短くて軽いキスをした彼は、わたしの眼をじっと見つめて、それから運転席に座りなおし、シートベルトを締め直した。
 わたしは半ば呆然としながら、力の入らない手で荷物を引っ張り、膝の上に乗せた。

 「今日の約束憶えてる?」
 彼が、煙草に火を点けながら呟く。ライターの炎に照らされた横顔は、出会った時に比べればずいぶんとやつれ、疲れているように見えた。
 「…髪をきちんと乾かす事、箸を正しく持つ事、それから、二年後にお店のカウンターに座っている事。」
 わたしがそう答えると、彼は安心したように笑って、必ず守れよ、と云った。
 わたしは車を降りたくなくて、それでも目の前のマンションを見上げれば、わたしと夫の暮らす部屋には電気がついていて、帰らなければならないのだと思う。
 帰らなければならないと思うのに、足が動かない。

 「シンデレラの気分。」
 デジタルの文字が零時ちょうどになるまであと数十秒。
 わたしは彼にそっと手を伸ばし、唇に唇を重ねて、髪を撫でた。
 車内に響くラジオが零時を告げ、わたしはそれを合図にして彼から離れた。
 「早く帰らないと、馬車はカボチャに、御者はねずみになるからね。」
 彼はそう云って、わたしを車から降りるように促した。
 わたしは唇を軽く噛みながら、ドアの取っ手に手をかける。
 「…大好きだよ。」
 そう云い棄てて、わたしは車から降り、振り返らずにマンションのエレベーターホールに駆け込んだ。
 部屋に入る前に、ドアの前で一度階下を見下ろして、彼の車がまだ停まっているかどうかを未練がましく確かめる。
 彼の車は、もう見当たらなかった。

続きを読む
スポンサーサイト
[2009/09/20 00:01] | *FLY ME TO THE MOON* | コメント(0) |
*FLY ME TO THE MOON 5*
※前篇は、画面右手のカテゴリ「*FLY ME TO THE MOON*」からご覧いただけます。
――――――――――――――――――――――――――――――

 あなたはいつだって独りで何でもやってきた。
 会社を辞めて、喫茶店を始めた時は右も左もわからないような街で、後ろ盾も何もないままで。
 朝から晩まで毎日たったひとりで、コーヒーを挽いてカップを洗って。
 わたしと云えばその数年の間、ぐうたらと家で過ごしてきただけだ。
 病気を言い訳に家事さえ疎かにして、夫の稼ぎのおこぼれにあずかってきただけ。

 「…わたし、ね。」
 鳴りやまない雷鳴の中、彼に頭を抱かれながら呟く。
 「一生懸命、ひとりで生きてみた事がない。」
 「うん、そうだな。」
 彼はそう云って、わたしの頭と背中を撫で続けた。ゆっくりと、まるで丁寧に砂を払いのけるように。
 「いつも、誰かわたしに関心のある人を頼りに、その人の好意に甘えて何でもしてもらって来た。」
 「そうか。」
 「自分がその人の事を好きじゃなくても、エサをくれる人だと思えばみんなに何を云われてもされても平気だった。」
 「そうか。」
 「あなたはいつだってひとりで頑張ってきたんだから、わたしのようなずるい人間を真っ直ぐに見ちゃダメなんだよ」
 口ではそう嘯いていても、わたしの両手は勝手に彼の肩へと回ってしまう。
 ―――でもね、本当は、ずっとこうして欲しかったの。
 そう言葉には出来ずに、わたしはただ彼の広い背中に両腕を回したまま、目を閉じた。

 偉いね、頑張ったね、と云われた事なんてない。
 わたしに対しての評価は、お飾り人形なんだから、できなくても当然、という見方がほとんどだった。
 男はわたしを綺麗に着飾らせて隣に置いて自己満足の道具に使う。こいつ、体弱くて、だから俺が守ってやらなきゃいけないんだ、などと平気で云う。
 そのくせ、自分の都合でわたしのからだを好きなようにする。
 そんな事に多少の疲れや面倒臭さを感じていても、わたしはそれが異常な関係だとは思わなかった。
 彼に出会うまでは。
 彼はちゃんとわたしを見ている。
 だから、出会った頃にわたしの『中身』が『まだ小さい子ども』である事をすぐに見抜いた。
 今だって、ちゃんとわたしの事を見ている。
 彼の指先が袂にかかる事は決してない。
続きを読む
[2009/09/20 00:00] | *FLY ME TO THE MOON* | コメント(0) |
*FLY ME TO THE MOON 4*
※前篇は、画面右手のカテゴリ「*FLY ME TO THE MOON*」からご覧いただけます。
――――――――――――――――――――――――――――――

 旅館に戻り、階段を上って部屋に入った途端、雷の音が響いた。
 窓から覗く空は墨を流したようにまだらに染まっていて、大粒の雨を落としていた。
 「酷い雨だな。」
 「酷い雨だね。」
 鸚鵡返しに呟いて、わたしはまた空を見上げる。

 あと何回、わたしの耳は雷の音をとらえる事が出来るのだろう。
 まだ、直接彼の口から事の真意を聞いたわけではない。でも、この半日の彼の振る舞いや、今朝無言でわたしを送りだした夫の態度を見ていれば、否応なく現実がつきつけられているようだ。

 わたしはあとどれくらい生きられるの?
 不安と恐怖が蘇ってくる。
 訊きたい。きちんと、問い質したい。はっきりさせたい。わたしは死ぬのか、そうでないのかを。
 でも、今まで押し殺していた互いの感情を確かめあうように握り合った手は、この事態が尋常ではない事を物語っていた。
 わたしの手を慈しむように包み込んだ彼の手が、今この瞬間だけを鮮明に焼きつけようとしているように思えた。
 
 「足、大丈夫か?絆創膏、替えた方がいいかな。」
 彼はそう云って、椅子に座ったわたしの足を気遣う。わたしはその手が足に触れる前にそっとからだを引いて、自分で出来るから、と云う。

 やっぱり、あなたはわたしに優しく触れてはいけない。
 たとえわたしがもうじきこの世界から消えてしまうのだとしても。
 そして、わたしもあなたに触れる事が出来ない。
 今朝、雨に濡れた髪を拭いてあげる事ができなかったように、わたしはあなたのからだに触れる事を拒む。
 あなたを汚さないように。
続きを読む
[2009/09/13 00:01] | *FLY ME TO THE MOON* | コメント(0) |
*FLY ME TO THE MOON 3*
※前篇は、画面右手のカテゴリ「*FLY ME TO THE MOON*」からご覧いただけます。
――――――――――――――――――――――――――――――

 鄙びた温泉郷を、浴衣姿で散歩する。
 これは、わたしが一度してみたかった事だ。
 彼は浴衣に袢纏、わたしは浴衣に袢纏に、その上に彼のコートを着て、湯けむりと霧で煙った足元の悪い小路をゆっくりと歩く。
 「寒い?」
 「足だけ冷たい。他はあったかいよ。」
 「どっかで足湯があったら浸かって行こう。」
 真鍮のかんざし一本でまとめた髪はもうすっかり乾いていたけれど、温泉宿のシャンプーの質が悪かったらしく、少しごわついている。

 冴えない土産物屋を冷やかし、通りすがりの食堂に入って饂飩と蕎麦を注文する。
 頭に白いタオルを載せた、愛想の悪い女性が一人で注文を受け、椀を運んでくる。
 味はそう悪くなかった。
 「ああいう働き方見てるとさ、俺も不機嫌な時ってああなのかな、って時々考える。」
 彼がわたしの耳元で可笑しそうに囁く。
 「…あそこまで酷くないよ。」
 耳から心臓に突き抜ける低くて甘い囁き声に、わたしの頭はくらくらした。

 今、はっきりわかる事。わたしは夫よりもこの人に惹かれている。
 今まで付き合ったどんな男よりも、この人に惚れている。
 そして、全てに於いて善くしてくれた夫とこの人と、どちらか選べと言われたなら、わたしはこの人を選んでしまうかもしれない。
 だけど夫にはそれなりの愛情もあるし、何より義理がある。
 どのみち長く生きられないのだとしたら、全部墓の中まで持って行くのが道理かもしれない。
 心の中では、すでに夫を裏切っている。表面上、裏切りとみなされる事をしていないだけ。
 それが、何の意味があると云うのだろう。心はすでに彼一色に染まってしまっているというのに。
続きを読む
[2009/09/13 00:00] | *FLY ME TO THE MOON* | コメント(0) |
*FLY ME TO THE MOON 2*
※前篇は、画面右手のカテゴリ「*FLY ME TO THE MOON*」からご覧いただけます。
――――――――――――――――――――――――――――――

 いつの間にか眠っていて、そっと肩を揺さぶられて瞼を開ける。
 少し寝汗をかいたらしく、額に貼りついた遅れ毛を指先でそっと追いやる。
 「着いたよ。おまえ、ほんとよく眠ってたなぁ。」
 そう彼は笑って、車のエンジンを切る。
 わたしはエアコンのせいでひどく喉が渇いていて、二、三回咳払いした後に鞄の中のペットボトルを取り出し、生温くなった水を口に含む。
 頭がぼんやりしていて、いま一つ自分の置かれている状況に気づけない。
 「ここ、どこ?今何時?」
 「10時ちょっとすぎた所。ここは温泉宿の駐車場。」
 意識がはっきりしてくる。薄暗い、コンクリートで仕切られた駐車場は、どうやら宿の地下にあるようだ。
 「あ、わたし、タトゥ入ってる。ここの温泉、大丈夫かなぁ?断られる場所のほうが多いんだけど。」
 彼は笑って答える。
 「大丈夫、ついさっき、フロントで訊いてきたから。早い時間だと利用者もいないから入っていいってさ。」
 車の外は、同じ十月とは思えないくらい、寒かった。
 ひんやりとした空気が、耳の奥をちくちくと刺す。
 「それ、着てなよ。」
 「いいよ、あなたが寒いでしょ。」
 「いいから。どうせフロントまで歩いてすぐだしさ。」
 彼はそう云って、車に鍵をして歩き出した。あたしは、慌ててその後を着いて行く。
 「ごめん、俺、歩くの早い?」
 「大丈夫。」

 だったら手を引いて、と云いかけて、その言葉を喉の奥に仕舞った。
 ついさっき、「今日はやりたいようにやる」と心に決めた筈なのに、いざとなると私の臆病な心は閉じてしまう。
 自分の本当にして欲しい事は、相手に伝えられないままだ。
続きを読む
[2009/09/06 05:30] | *FLY ME TO THE MOON* | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
*My Blue Heaven*


私の記憶の中から、思い出せる限りの事を『小説・文学』カテゴリに。   私の現在を、『ブログ』カテゴリに。

プロフィール

遊

Author:遊
Name:百瀬 遊(Yu Momose)
Birthday:01/28
Blood type: B
Sex:F

●がタイトルにつく場合ブログ、
*がタイトルにつく場合が小説です。

◆初期小説は、書き下ろしのノンフィクションを載せています。
※カテゴリ別に読んで頂ければ、多少なりわかりやすく表示されると思います。
※表記の多い、自傷、ドラッグ、売春はすでに卒業しています。
ドラッグと売春は犯罪ですので、(今更ですが)やっちゃダメな事です。
自傷は犯罪じゃないみたいですが、周りの人が痛いのであまりお勧めできません。
◆09年8月以降、フィクションを増やしていく予定です。
ノンフィクションの場合は題名に表記します。

※著作権・肖像権の侵害、あるいは転載などは禁止とさせていただきますので、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。