スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
*空へ落ちる(non fiction)*
昨日あたしは人が死ぬ瞬間を体験しました。
一昨日、援交相手から貰った五万円を持て余して、サンシャイン60で買い物をしていた時の事です。
服や鞄や化粧品など、生きて行く事にはあまり必要の無いものばかりを買い、ちょっと疲れて表に出て、広場で煙草を吸っていた時の事です。

背後から突然、バン、という鼓膜が破けそうな音がしました。
あたしは車が衝突事故を起こしたのだと思い、興味本位で音のした方に歩いて行くと、ボンネットのへこんだ白い車が止まっていました。
「飛び降り自殺だ」と誰かが騒いでいました。ビルの屋上から誰かが飛び降りて、その身体がちょうど車の上に落ちたらしいのです。
その周囲の道路には桃色の肉片が散らばっていて、血液や皮膚や、人間の面影を留めるものはほとんど見当たりませんでした。
すぐに警察の車が来て、現場にブルーシートで壁を作りましたが、あたしの足元にも骨付き肉の一部が転がっていました。

帰宅して観た夕方のニュースで、飛び降りた人が女性で、しかもサンシャイン60のてっぺんから落ちた事を知りました。
飛び降りる瞬間、彼女は何を想ったのでしょうか。
あんなに高い所から地上に落ちるまでに、後悔とか恐怖とか、そう云ったものは感じなかったのでしょうか。
空という空間に一歩踏み出すその瞬間、彼女は幸福だったのでしょうか、それとも不幸だったのでしょうか。

あたしはテレビを観つつ、多分着る機会の無い、買ったばかりの緑色のチュニックのタグを切りながら、明日の事を考えました。
明日は五時に、新宿のアルタ前広場で待ち合わせをしています。
そうして、身体を売ってお金を手にし、またガラクタを買う事に費やします。
こんなあたしに、生きている価値だとか理由だとか、そんなものはありません。

あたしだって飛び降りたっていいんです。ただの屑でしかありません。何も社会に貢献していないし、自分自身にも不誠実です。
だけど、何かにしがみついている所があります。生きていても仕方が無いと思うのに、今すぐ死んでしまいたいとは思わないのです。
きっとあんなに高い所から空に歩を預ける勇気などない、ただの意気地無しなのでしょう。

ただ、衝動的に自分を死ぬ間際まで追いつめたくなる時はあります。
売春するという行為も、自分を傷つける一つの手段に過ぎません。お金が欲しいわけではないのです。
汚して汚されて、自分自身が腐敗して行く様を見届けて、そこに安堵を感じるのです。
あたしは狂っているでしょうか?多分狂っているのでしょう。
もう一生、正気には戻れないかもしれない。死さえ永遠の安らぎに感じられる程にもっともっと狂ってしまいたい。
そんな風にいつも思っています。

いっその事、空へと飛んで落下して行くくらいに絶望出来ればいいのに、と思います。
あたしは何かにしがみついている、と云いました。
それはきっと、かすかな希望、今にも消えてしまいそうに霞んで見える小さな炎なのでしょう。
そんなものは要らない、と頭で思っていても、あたしの傷だらけのこの身体は尚、卑しくも生を求めてやまないのです。
空へ落ちた彼女を想うと、そんな自分がただただ醜悪に思えるのです。
スポンサーサイト
[2010/05/27 15:01] | 小説―heavy | コメント(0) |
*犯罪者*
※本文とは関係ない写真…かもしれません。

秋の霧雨は音もなく静かに降り注いで、見慣れた景色を白く霞ませる。
傘をさして灰色の空の下を行けば、レザーのブーツにたちまち染みが出来る。
細い脚に、少し隙間の開いた、お気に入りのウェスタンブーツ。

今日、あたしは窃盗の容疑で逮捕された。
先に断っておくが、これは冤罪である。

事の成り行きは、以下。
あたしは休日の竹下通りを、人込みをかき分けて歩いていた。
竹下通りの店は、路上にはみ出して営業している店が多い。
そんな店の一軒に立ち寄り、指輪を眺めていた時の事。

路面に向けて並べてある指輪棚の裏で、店員がよろけて指輪棚にぶつかった。棚の上には大きめな、いかついシルバーリングが並んでいたので、その衝撃でいくつかのドクロの指輪が棚から落ちて路上に転がった。
あたしは手前の指輪を選ぶ手を止めて、路上に転がったガイコツの指輪を拾っては棚に戻してやった。
気に入ったリングがなかったので、あたしは店を後にした。少し歩いたところで、他の店員が後ろからあたしに話しかけてきた。
「お客さん、ちょっと、お店のもの盗んだでしょ?」
あたしは知らない、と答えたのだが、店員に促されるままブーツを脱ぐと、脚とウェスタンブーツの間に、確かにドクロのリングが一つ挟まっていた。
「さっき、拾うの手伝った時に偶然入っただけ。返すし、事故だから」
そう言っても、店員は聞かない。あたしは指輪を押し付けてそのまま去ろうとしたら、他のガイジン店員が、突然「逃ゲンジャネーヨ!」と言って、腕の筋がおかしくなるほど捻りあげ、後頭部を肘で思い切り殴りつけた。

何で?という思いと、軽い脳しんとうでフラフラになりながら、無理やり店に引き戻される。
「盗っていません!」「じゃ、何で靴ん中に隠してるんだよ!」
親切心でした事が、こんな仇になって帰ってくるとは。
「じゃ、警察に来てもらうから。警察呼ぶし、家族にも連絡するからね。」
「どうぞご自由に!盗ってないものは盗っていないんですから!」

あたしと店員が話し合っている間、あたしに暴力をふるった金髪巻き毛のガイジンは、FuckだのBitchだの、アホ、ドロボー、キチガイ、などと知りつくす全ての汚い言葉で、あたしを罵り続けていた。

何分も待たせた挙句、ようやく警官が来て、あたしは原宿署に連行された。
「言っておくが、逃げようと思うなよ。」警官はいつだって偉そうに、上から目線でものをいう。
「…逃げません。何も悪い事はしていませんから。」そういって、あたしはすたすたと歩く。

そこから先が、地獄だった。
取り調べ室で、飲み物もトイレも、薬(痛み止め=生理と、殴られた場所用)無しで八時間。
あたしが喉の渇きと尿意と、生理のつらさに耐えかねて、仕方なく「やりました」と言うまで。

意味のない脅しや厭味が続く。
「旦那にも旦那の職場にも、お前の実家にも警察から連絡が行くからな。」
「生理が何だ。そんな事が言い訳になるか。鞄の中身は全て確認中だから生理用品なんか出せないよ。漏らすなら漏らせばいい。」
「どうせお前は何度もやってるんだろう。手口が慣れているし、開き直ってるんだよ。ここまでしらを切って盗人猛々しいとはこの事だな。」
こんな事であたしは動じない。だってあたしは悪い事なんて一つもしていない。

どうしてあたしが自分の指2本も入るような、趣味の悪い大きなガイコツのリングを盗らなきゃならないわけ?自分ではつけられないし、ドクロの趣味はないから欲しくもない。盗る意味なんて無いでしょう。

店員は、自分の店の従業員が棚にぶつかってリングが落ちた事、それをあたしが拾うのを手伝ったことについては全く落ち度を認めず、「こちらは被害者ですから」と云い棄てて帰っていった。
死んじまえ。

精神的な拷問を、あたしが「やりました」と嘘の供述を始めるまで八時間、警官が何人も入れ替わり立ち替わりでしてきた。
あたしは、心の中で、世の中の『犯罪者・前科者』の半分はこうして作られるのかもしれない、と思った。

「やりました」と言ってからも、あたしには水もトイレも許されなかった。経血ですっかり重たくなったナプキンを着けっぱなしのまま、写真と指紋を撮られる。
これで、あたしも、前科者。

調書を作る係も、ほぼ憶測で作っていて、内容は要約してこうだ。
『私、百瀬遊は……通りかかった○という雑貨店で、指輪一点を、ブーツの中へ故意に落とし、そのまま逃走しようとした所を、店員に取り押さえられ…』
取り調べ室の中で、嘘の調書が読み上げられている。あたしは事実とは全く異なる調書の内容に、いちいちそれに頷く。
トイレに行きたい。お腹が痛い。体中が、殴られた場所が痛い。水が飲みたい。だから頷く。

調書に、ガイジンの店員があたしに暴力をふるった事は、一言も書かれていなかった。
勿論、あたしの腫れあがった腕や、首の後ろ、そして大きなこぶの出来た頭に対して、何の応急処置も無かった。水で冷やすことすら許されなかった。
同じ目に遭わせてやりたい。理不尽な暴力と罵倒。死んでほしい。

その事について尋ねたら、「もともとお前が万引きしたのが悪いんだろ?殴られて当然だ。」と一蹴された。
「もし、検察から連絡があったら、一応話してみろ。ただ、検察も同じに見ると思うよ?何しろ、逃走しようとしたのを捕まえたんだから、その外人はお手柄だ。」

あたしは窃盗なんてしていない。
だけど、あたしにはしっかり前科がついた。

親切心が仇になる街が、東京の繁華街。
もう誰も信じないし、誰かが困っていたって手も貸さない。
今回は、手を貸した故にこんな目に遭った。屈辱だらけだ。
見下されて、罵られて、叩きのめされて、こんな事は初めてだ。

もう二度と経験したくないから。
もう二度と経験したくないから、あたしはもうあの店には行かない。
あたしは誰かに手を差し伸べる事を止める。
[2009/10/05 02:05] | 小説―heavy | コメント(4) |
*黒蝶*
 息がつまりそうな、コンクリート打ちっぱなしの部屋に彼は住んでいた。
 高い天井の近くにある、明り取り用の窓しか無い、無機質な部屋。天井の隅には、大きな蜘蛛が巣を張っていて、獲物を待ち構えている。
 壁に立てかけられた板にはなぜか、ヴェネチアのカーニバルに使えそうな豪華なマスクが引っ掛けられていて、鉄パイプの家具で統一された部屋の中ではそれだけが浮いて見えた。

 此処にこうして居ると、監獄に閉じ込められたような気持になってくる。だんだん、息苦しさと圧迫感を感じてくる。
 『…冷たい部屋だね。』
 あたしがそう云うと、彼は、わざとそうしたんだよ、と云ってベッドに身を投げ出した。
 ベッドを支える鉄パイプが軋んで、耳障りな音をたてた。


続きを読む
[2009/04/28 17:20] | 小説―heavy | コメント(2) |
*云えなかった事を*
 アリサがロンドン土産に買ってきてくれたものは、薄桃色の紙に包まれていた。
 くしゃくしゃと巻かれたその髪を剥がすと、ピンク色のテディベアと一緒にスパンコールがたくさん飛び出してきた。粋なラッピングだなぁ、とあたしは嬉しくなった。

 アリサとは勤め先のキャバクラで知り合った。
 そのキャバクラは、キャストの女の子たちに実に下品な制服を着せていた。薄っぺらなピンク色のサテン地でできた安っぽいチャイナ服。チャイナカラーなのに大きく開いた胸元、脚の付け根ギリギリまでのスリット。
 不思議な事に、アリサはこの制服がとびきり似あう女の子だった。
 安っぽさがお似合いなのではなく、どんな服でもお洒落に着こなせる、彼女が着れば何でも可愛らしく見える、そういうオーラを持った女の子だった。
 小柄なベビーフェイスで、おまけにとても胸が大きかった。彼女は長い髪をイエローオーカーに染めて垂らしている。
 客もキャストも、誰もが彼女を好いていたし、あたしもアリサの事は好きだった。
続きを読む
[2009/04/27 00:06] | 小説―heavy | コメント(4) |
*眠りに寄せて*
 (e_fyuさんへ。)

 ―――愛してくれ、と彼は云った。
 愛してくれ愛してくれ愛してくれ、お願いだから僕の事を愛してくれ、とあたしに縋って哀願した。
 あたしの事を愛玩する彼はあたしに、愛してくれと云う。

 羽毛布団の表地を鋏で切り裂きながら、あたしは一人でうずくまる。
 抱えた頭に、彼の叫びに似た声が響く―――愛してくれ。


 白い羽根が舞い散る部屋で、あたしは胎児のように丸くなって眠る。
 部屋には鍵をかけた。誰もあたしの部屋に入って来られないように。


続きを読む
[2009/04/26 05:00] | 小説―heavy | コメント(6) |
| ホーム | 次のページ
*My Blue Heaven*


私の記憶の中から、思い出せる限りの事を『小説・文学』カテゴリに。   私の現在を、『ブログ』カテゴリに。

プロフィール

遊

Author:遊
Name:百瀬 遊(Yu Momose)
Birthday:01/28
Blood type: B
Sex:F

●がタイトルにつく場合ブログ、
*がタイトルにつく場合が小説です。

◆初期小説は、書き下ろしのノンフィクションを載せています。
※カテゴリ別に読んで頂ければ、多少なりわかりやすく表示されると思います。
※表記の多い、自傷、ドラッグ、売春はすでに卒業しています。
ドラッグと売春は犯罪ですので、(今更ですが)やっちゃダメな事です。
自傷は犯罪じゃないみたいですが、周りの人が痛いのであまりお勧めできません。
◆09年8月以降、フィクションを増やしていく予定です。
ノンフィクションの場合は題名に表記します。

※著作権・肖像権の侵害、あるいは転載などは禁止とさせていただきますので、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。